footer.phpを作る / wordpressのテーマを自作する

2019年7月26日 02:31 カテゴリー: Wordpress

前回はheader.phpをつくりました。まだ見ていない方は下記リンクへ。

今回は一番下、footer.phpを作っていきましょう!

まずはコードを見てみましょう。

コード

<div class="footer">
	<footer>
		(c) <a href="<?php echo site_url(); ?>"><?php echo get_bloginfo('name'); ?> <?php echo site_url(); ?></a>
	</footer>
</div>
<?php wp_footer(); ?>
</body>
</html>

以上!

短い!

楽!

解説

<div class="footer">

前回の記事を読んでいただけばわかる通り、これはボックスですよーっていう意味です。

class=”footer” はこのボックスに「footer」っていう名前をつけています。

つまりこのボックスはfooter君です。

<footer>

これはフッターですよ!っていう宣言です。本当は前のfooter君いらなかったんですが、なんだかうまくいかなくてこんな感じになっちゃいました。

(c) <a href="<?php echo site_url(); ?>"><?php echo get_bloginfo('name'); ?> <?php echo site_url(); ?></a>

今回一番難しい所です。一つ一つ解説していきましょう。

(c) コピーライトの意味。特に必要はありませんが、このサイトの記事は僕に著作権がありますよー。勝手にコピペしないでくださいね!っていう警告っぽい効果があります。

<a リンクの始まり

href=”” リンク先のURLを”と”の間に書きます。

<?php PHPの始まり。

echo site_url(); サイトのURLを表示してくださいね!っていう命令文。Wordpressでしか使えないのでご注意を。

?> PHPの終わり

“> ~ < ~の部分にリンクの文字を書きます。

echo get_bloginfo(‘name’); ブログの名前を表示してくださいね!っていう命令文。

< /a>本当にリンクの終わり。

こんな感じでいかがでしょう。わかりました?わからなかったらTwitterで聞いてください!っていうか、わかってもTwitterで話しかけてください!;><

	</footer>
</div>

開いたら閉じる!

<?php wp_footer(); ?>

これはwordpressの目印みたいなものです。無くてもいいけど、無いと色々な不具合がおきます。header.phpのhead内にも同じようなの書いてあります。Wordpressで何か不具合がおきたら、この二つが書いてあるかをまず疑ってみてください。


</body>
</html>

前回header.phpに書いてあるHTMLを閉じてあります。

header.phpとかfooter.phpとか色々なファイルがまとまって一つのページになります。そのなかでも、header.phpは一番最初に張り付けられるし、footer.phpは一番最後に貼り付けらます。全体を意識して忘れないように閉じておきましょう。

まとめ

これで頭と足ができました。次は胴体の右1/3を作っていきます。

何それ想像したら気持ち悪い。

次の記事!

WordPressのテーマを作るまとめ